teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


プロのカメラマンを素人が撮って見ました。

 投稿者:yochibo  投稿日:2018年 4月 3日(火)21時20分14秒
  和雑貨フォトスタジオなごみのご主人を、素人の私が
撮って見ました。
私の娘に触れたのは、紀州犬シロのお父さんに次いで、二人目なんですよ。
 
 

シバの魅力は。。。

 投稿者:yochibo  投稿日:2018年 3月27日(火)23時34分30秒
  凜々しさよりも、美しさよりも、本当の魅力はここに有るんだと思うんですよ。  

プロのカメラマンが撮ると・・・2。

 投稿者:yochibo  投稿日:2018年 3月27日(火)22時57分21秒
  和雑貨フォトスタジオなごみのご主人に撮っていただきました。
やはり、プロは違いますよね。
ここには、(にゃんこ族の)12歳のそら先輩が居るんですよ。
詳しくは、(https://www.facebook.com/pg/nagomiforest/photos/?ref=page_internal
をご覧下さい。
 

プロのカメラマンが撮ると・・・。

 投稿者:yochibo  投稿日:2018年 3月19日(月)01時32分9秒
  丸で別人と言うか、別犬と言えば良いのか。
そんな目で見られると、何か上げたくなってしまうじゃないか。
でも、これ以上おデブにしたくは無いので、
頭ガシガシで勘弁しておくれ。
 

こんな顔のときもあるんですよ。

 投稿者:yochibo  投稿日:2018年 3月19日(月)00時49分14秒
  ちょっと見、西洋の大型犬に見えたりするんですが、
ちゃんとシバの女の子なんですよ。
人間の歳で何歳と言うのは、意味が無くて、
シバの歳で2歳の頃の写真なんですよ。
犬歯と犬歯の間の歯が5本と言うのは、
日本犬らしくて良いでしょ。
 

散歩よりも、

 投稿者:yochibo  投稿日:2018年 2月26日(月)16時06分51秒
  おとうちゃんのアンヨ温めズボンの上に居たい・・・。  

ついに、「『まる』超えに・・・

 投稿者:yochibo  投稿日:2016年11月10日(木)05時07分28秒
  タレント犬『まる』の体重を超えました。
火曜日にフィラリアの予防のお薬を貰いに行ったついでに体重を量ったら、
15,65kgに。
雄シバの『まる』越えになってました。
シバ界の和田アキ子か?
内弁慶で、シーツに親指の爪を引っかけただけで、思いっきりパニックになって、
キャンキャン泣いたくせに、縄張りの事になると、容赦なく怒って来るくせに。
それでも可愛さを感じさせてくれるのは、
シバ特有の「ツンデレ」に負けてしまう親ばかさなんですかね。
 

カーチャン、早く帰って来ないかな・・・。

 投稿者:yochibo  投稿日:2016年11月10日(木)04時40分38秒
  そろそろお仕事から帰って来るカーチャンを待ってるんです。
群れの中で生きるシバだからこそ、一人でも居ないと不安になるんですよね。
もっとも、帰って来たカーチャンに向かって「嬉し、嬉し」の行動も、
数分で無かったかの様な態度に変わるんですけどね。
お前は、「社交辞令家」の天才か?
 

昨日比べて見たら・・・

 投稿者:yochibo  投稿日:2016年11月 6日(日)05時46分56秒
  幅45cmのフルキーボードと比べて見た。
ユメ、ちょっと育ちすぎじゃないか?
 

野生と野生の戦い

 投稿者:yochibo  投稿日:2016年11月 6日(日)05時29分13秒
編集済
  夜中にトイレに行って、寝床に戻って来たら、彼女に寝場所を奪われていた。
ほんの、1分弱の間の出来事なのだ。
これは、「躾」の問題では無く、彼女との契約上の問題なのだ。

「群れの掟」は、彼女自身が良く知っていて、卓上の食べ物に手(?)を出すことはしない。
日本犬がそうなのか、シバ特有のものなのかは分からないけれど、
生まれながらに、自分で持って居る「決め事」に対しては、非常に拘りを持っている。

食べ物を差し出し、「待て」とか「良し」と言った事を「躾」としたりするが、
そう言った事を一切したことは無い。
食べ物を目の前に置いても、勝手に食べる事は無い。
その食べ物が、自分の「獲物」である事が「確実に」確認出来るまで、
絶対口にする事は無い。
わざと隠すようにして置いた「獲物」は、見つけた後に取り上げ様とすれば、血を見る。
(実際には、血が出るほど強く噛む事は無い=彼女の決め事の一つなのだから)

競馬では、馬任せで走らせる事を、「馬なり」と言う言い方をするが、
我が家の娘は、「犬なり」に育てている。
「お手」、「おかわり」、「伏せ」と言った芸事は、一切教えて居ない。
「待て」とか「良し」とかの「躾」の一環として、「お手」等を教えるのだろうが、
我が家では、特に教えては居ない。
やって良い事とダメな事は、「群れの習性」として持って居る様に思われる。

子供の頃に一緒に過ごした10匹近い雑種犬(最近ではMix犬ですか)と、
シバは、明らかに違う。
面倒臭いぐらいに自分の「決め事」があって、人間の決め事とは、
かなりぶつかる事があるのだが、それは一緒に住むときに「契約事」として
理解をしなければいけない事なのだ。

その「契約条項」は、一緒に住んでから一項目ずつ書き足すようになる。
お互いに、「それは聴いていない」等と言うことは存在しない。
シバの野生と、人間の野生の部分がぶつかった時に、
どう、折り合いを付けるのか、と言う生き方を考えるのが、
シバと一緒に暮らす最大の楽しみなのだ。

彼女をどかすのは、それ程難しくは無い。
体中をなで回せば、「あぁ、うるさいっ」と言った感じで起き上がり、
首をブルブル回す「シバドリル」をして、自分のベッドに戻って行くのだが、
その、なで回す時間が1時間で終わるかどうかが分からないのであって・・・。
 

レンタル掲示板
/13