teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


リリースしました

 投稿者:阿部  投稿日:2019年 5月15日(水)19時58分17秒
返信・引用
  平素より、get気象データをご利用いただきましてありがとうございます。

Vectorでバージョンアップ版が公開されましたので、ご案内いたします。

■リリース内容
get気象データ(サンプル版) Version1.87
https://www.vector.co.jp/soft/dl/data/edu/se495864.html

get気象データ(有償版) Version2.60
https://www.vector.co.jp/soft/data/edu/se496083.html

※既に購入された方は、同じパスワードでご利用いただけます。
※LibreOffice Calc 版は追って公開いたします。
 
 

アップデートリリース予定です

 投稿者:阿部  投稿日:2019年 4月14日(日)21時00分29秒
返信・引用
  平素より get気象データをご利用頂きましてありがとうございます。

先日、この掲示版で不具合のご指摘を内海様より頂きました。
解析した結果、特定の地域で起こる不具合である事が判明しました。
内海様にはお手数をおかけしました。

現在、不具合修正が終わり最終評価をしております。
GW前後に正式リリースをする予定です。

皆様にはご迷惑をお掛けして、申し訳ございませんでした。

■リリース予定内容
get気象データ(サンプル版) Version1.87
get気象データ(有償版) Version2.60

※本掲示板で公開した全ての修正パッチが盛り込まれています。
※本リリースから、有償版添付の Plotter,CompGraph は、xlsm 形式のみ配布します。

■今回の不具合
症状
気象庁HPから受信したデータが、未観測等による欠損データが多い場合、セルに書き込む時に表示崩れが起きたり、表示されなくなる事がある。

原因
受信したhtmlテキストから気象データを抽出するロジックが、欠損が多い場合まで考慮されていなかった。

対策
htmlタグ <td> 抽出ロジックを、オリジナルからMicrosoftのメッソッドを使う方法に切り替える事により、信頼性向上させた。
 

Web仕様書のアドレス変更

 投稿者:阿部  投稿日:2019年 4月 9日(火)20時36分40秒
返信・引用
  平素よりget気象データをご利用頂きまして、ありがとうございます。

ReadMe.txtに記載されている web仕様書の格納先である、sitemixレンタルサーバは、繋がりずらい、または「正常に接続できませんでした」という表示がされることが多い様で、皆様にはご迷惑をおかけしております。

現在、新しいレンタルサーバにこの web仕様書を引っ越しを行いましたので、今後はそちらのURLでアクセスいただければ幸いです。

■新しいアクセス先
http://funfungreen.starfree.jp/syoku-bunnka/kikaku-menue/banana_story/kisyou_data.html

http://funfungreen.starfree.jp/syoku-bunnka/kikaku-menue/banana_story/kisyou_data2.html

■従来のアクセス先
現在のWeb仕様書(ReadMe.txt に記載いされているURL)
http://funfungreen.sitemix.jp/syoku-bunnka/kikaku-menue/banana_story/kisyou_data.html

http://funfungreen.sitemix.jp/syoku-bunnka/kikaku-menue/banana_story/kisyou_data2.html

以上よろしくお願いします。
 

Re: データ取得ができなくなった件

 投稿者:阿部  投稿日:2019年 4月 9日(火)20時20分31秒
返信・引用
  > No.107[元記事へ]

内海様

お返事遅くなりまして誠に申し訳ございません。
以下詳細にお尋ねしたく、funfun_pingu@infoseek.jp までお返事いただけるでしょうか。
私の所ではH31年4月現在でも、地域を「東京」にて「日毎の取得」ボタンで問題なく動作しています。

■ご質問内容
・ご使用の バージョン、Windows のバージョン
・設定内容(地域名、入力年月日、どの取得メニューボタンで不具合発生したのか)
・取得された時のシートのスクリーンショット
・「取得できない」とはどの様な表示現象なのか。

起動した時に生成された「getData.ban」ファイルを添付して上記メアドに送ってください。

恐れ入りますが、当方では不具合発生しておりませんので、そちらの不具合を
再現しないと、明確なお答えができません。
よろしくお願い申し上げます。


> 2018/10/08までは、正常にデータが取得できていましたが、2018/10/09から毎日のデータのデータが取得できなくなりました。気象庁のデータは、正常ですが、毎日のデータの取得は取得できません。1時間ごとは、データの取得ができます。よろしくお願いします。
 

データ取得ができなくなった件

 投稿者:内海  投稿日:2018年10月12日(金)09時14分13秒
返信・引用
  2018/10/08までは、正常にデータが取得できていましたが、2018/10/09から毎日のデータのデータが取得できなくなりました。気象庁のデータは、正常ですが、毎日のデータの取得は取得できません。1時間ごとは、データの取得ができます。よろしくお願いします。  

実行時エラー'429' 対策版パッチ

 投稿者:バナナんぼ  投稿日:2017年 4月28日(金)19時53分46秒
返信・引用
  平素より get気象データをご利用頂きまして、ありがとうございます。
掲題の不具合に対しまして、暫定対応のパッチを公開いたします。

Visual Basic エディターの知識がある方は、以下の方法で対策をご自分で入れることが出来ます。

1)「ツール」→「マクロ」→「VisualBasicEditor」を指定してエディタ画面を開く

2)左上ウィンドウにツリー表示がされている箇所にて、
標準モジュールの "Module1" をダブルクリック(標準モジュールフォルダの下にあります)

3)「編集」→「検索」にて検索文字列
"Shift-Jis コード" を指定して置き換え場所を特定する。

4)以下のコードをコピーして、エディタ画面上にて置き換える。

'/////////// サブルーチン
' Shift-Jis コードを UTF-8 コードに変換する
'
Public Function UrlEncodeUtf8(ByRef strSource As String) As String

'(Ver2.33 Add. -- 64bitExcel2013 対応--)
If excelVer >= 15 Then      '**Excel 2013(64bit版Office) 以降の対応

UrlEncodeUtf8 = Application.WorksheetFunction.EncodeURL(strSource)

Else                        '***Excel 2010 までの対応
  Dim d As Object
  Dim elm As Object

  strSource = Replace(strSource, "\", "\\")
  strSource = Replace(strSource, "'", "\'")
  Set d = CreateObject("htmlfile")
  Set elm = d.createElement("span")
  elm.setAttribute "id", "result"
  d.appendChild elm
  d.parentWindow.execScript "document.getElementById('result').innerText = encodeURIComponent('" & strSource & "');", "JScript"
  UrlEncodeUtf8 = elm.innerText

End If

End Function


4)置き換えが出来たら、エディタ画面の右上の×マークをクリックしてウィンドウを消します。
5)上書きで保存します。
 

実行時エラー'429' の対処方法

 投稿者:バナナんぼ  投稿日:2017年 4月23日(日)19時46分26秒
返信・引用
  平素より get気象データをご利用頂きまして、ありがとうございます。
先日、ユーザ様より動作不具合のご指摘を受けましたので、原因と対処方法を以下に示します。

本現象は、64BitのOS環境でExcel2013より古いバージョンの(64bit版)をインストールしている場合に発生す様です。
64bit対応のExcelが get気象データのマクロが指定した機能部品をサポートしていないために起こる現象です(32bit版 Excel は問題なし)。

■対象アプリケーション
・get気象データ(有償版) Ver2.50
・get気象データ(フリー版)Ver1.86
※LibreOffice 版は不具合ありません。

■現象
1) 地域、年月日入力後、取得のボタンを押す
2) エラー発生
 発生箇所(関数のコメント):「Shift-Jis コードを UTF-8 コードに変換する」

実行時エラー'429'
ActiveXコンポーネントはオブジェクトを作成できません。

■対処方法
1)Excel2013以降を導入する。
2)Excel2013未満の64bit版を使っている方は、32bit版にインストールし直す
3)対策版パッチを入れる(後日公開します)
 

開発タブの表示方法

 投稿者:バナナんぼ  投稿日:2017年 4月23日(日)18時52分46秒
返信・引用
  平素より get気象データをご利用頂きましてありがとうございます。
本掲示板で公開された修正を適用する場合の操作補足です。

「開発」タブは Excel インストール初期には表示されていませんので、表示する方法を以下に示します。
Excel 2016/2013/2010

既定では [開発] タブは表示されませんが、リボンに追加することで次の操作を行うことができます。

1.[ファイル] タブをクリックします。
2.[オプション] をクリックします。
3.[リボンのユーザー設定] をクリックします。
4.[リボンのユーザー設定] および [メイン タブ] の下の [開発] チェック ボックスをオンにします。
 

Excel2007 以降の不具合修正方法

 投稿者:バナナんぼ  投稿日:2016年 5月31日(火)17時44分51秒
返信・引用
  平素より get気象データをご利用頂きまして、ありがとうございます。
get気象データ 有償版 Ver2.50/ フリー版 Ver1.86 の臨時修正方法に関しまして、Excel2007 以降をお持ちのユーザ様向けに以下に記載します。

1)「開発」 を選択して、一番左の "Visual Basic" を選択します。
2)左上のウィンドウに、ツリー表示が出ますので、"Module1" をダブルクリックします。
3)以下、前記事と同様に変更場所を 「編集」→「検索」にて検索文字列を
"Function cutCTRLchr" を指定して置き換え場所を特定する。
4)置き換えが出来たら、エディタ画面の右上の×マークをクリックしてウィンドウを消します。
5)上書きで保存します。

以上よろしくお願いします。
 

Microsoft 版 get気象データ 不具合の件

 投稿者:バナナんぼ  投稿日:2016年 5月31日(火)17時23分27秒
返信・引用
  平素より get気象データをご利用頂きまして、ありがとうございます。
掲題の件にて、不具合が発見されましたので以下に現象および、対処方法を示します。ご利用の方には大変ご迷惑をお掛けしましたことをお詫び申し上げます。

■対象アプリケーション
・get気象データ(有償版) Ver2.50
・get気象データ(フリー版)Ver1.86
※LibreOffice 版は不具合ありません。

■不具合の現象
気象データを受信して作られるシートに書き込まれるデータのうち、
倍角文字列が書き込まれるセルに対して、初めの1文字が欠如する場合がある。

例)「最大風向」項目のデータが
正しいデータ :北東
本不具合の場合:東  <-"北"が書き込まれない。

■対象方法
次回のバージョンアップまでは、以下のマクロを入れ替えて頂くと不具合が治ります。以下は Excel2003 による修正方法です。

1)「ツール」→「マクロ」→「VisualBasicEditor」を指定してエディタ画面を開く

2)左上ウィンドウにツリー表示がされている箇所にて、
標準モジュールの "Module1" をダブルクリック

3)「編集」→「検索」にて検索文字列
"Function cutCTRLchr" を指定して置き換え場所を特定する。

4)以下のコードをコピーして、エディタ画面上にて置き換える。


'**********************************************
' 1バイト目の不要な制御コードを削除する
'**********************************************
Function cutCTRLchr(sTemp As String) As String
Dim chrLength As Integer
Dim testCode As Integer
Dim sTestChr As String

cutCTRLchr = sTemp

chrLength = Len(sTemp)
If chrLength = 0 Then Exit Function

'*** 始めの1文字が全角文字なら処理を行わない。 Ver2.51 Add.
sTestChr = Left$(sTemp, 1)
testCode = LenB(sTestChr)
If testCode = 2 Then Exit Function

'** 制御コードの場合は1文字分削除する
testCode = Asc(Left$(sTemp, 1))
If testCode < 32 Then
    cutCTRLchr = Mid$(sTemp, 2, chrLength - 1)
End If

End Function

 

レンタル掲示板
/10