teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:2/59 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

福祉って何だろ

 投稿者:ダルマ  投稿日:2017年12月 9日(土)16時19分26秒
  通報
   昨今は福祉事業で働く人の事がテーマアップされる事が増えています。
私も行政の福祉サービスを受けてリハビリを頑張っています。
ただ、この中で強く感ずる事は福祉に携わる方々は当事者に対して常に上から目線の言い方と態度です、民間のデイサービスもしかしスタッフは上から目線で対応している方が殆どです。
もしや、「ナナ」の皆さんはどうかと思う事もしばしば有りますが如何でしょうか。
知らぬ間に、やって上げている面倒を見て上げているになっていませんか。
そこで私は福祉とは何かを真剣に考えました、色々な考え方も有るようですが、リハビリとは現状よりも機能を上げる事と思いますが、福祉とは「自立した生活が出来るように支援する事」と
認識しています、行政は口を開ければ福祉・福祉と言っていますが、その内実は形が出来て魂入らずが現状で、それを本来の福祉にしようとする動きさえ有りません。
現行の財政難りの中でのご苦労は理解出来ますが、根本の考え方が全く福祉とは程遠い状態です。
皆さんはこの事を真剣に考えて本当の福祉にされようとしていますか。
ナナの会も形骸化して魂が抜けている事は有りませんか、最近は安倍総理も「該当者に寄り添って」と言ってますが、寄り添うはどういう事か分かっていっているのかと疑わざるを得ません。
日本の福祉は良くなったと言われていように思えますが、それは表面だけで、福祉という根本を考えればむしろ逆光して悪化していると思えます。
福祉に関わる方は本当の福祉とはを良く考えられ吟味もして在るべき姿の福祉を目指して欲しいと願わざるを得ません。
カナリハは七リハと合併して事実上の大巾縮小をしています。
神奈川県の福祉はこの面も後退です、影響力の有るナナの会の活躍願うものです。
 
 
》記事一覧表示

新着順:2/59 《前のページ | 次のページ》
/59