teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]
あなたも高機能な無料レンタル掲示板を作りませんか?
作成は、こちらから→


新着順:4/59 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

(無題)

 投稿者:  投稿日:2015年 3月 9日(月)00時36分2秒
  通報
  違いを受け入れる。これどの障害者にも男女共同参画でも重要だと思う。
障害者の為のバリアフリーデザインが、妊婦にも高齢者にも使えるユニバーサルデザインになる様に、みんなに優しい社会になる事を祈っています。
みんながwin winの関係。
その為には、色々な人に高次脳機能障害と云う障害を知って欲しい。
もちろん高次脳機能障害の家族会のナナさんには、知能指数が100以上あっても、社会との違和感を感じている高次脳機能障害者もいて、何しろ生活や仕事の些細なバランスを体得するのに健康な人の何倍もの時間が必要。

ボランティアが当事者に命令するのが当たり前になっているけど、
自分で選択させるって、生きる張り合いにもなるし、責任感もの出て来るから、大切な事だと私は思う。
選択する自由を障害者にも与えて欲しい。
本来なら『こう云うやり方もあるケド、それは一つのやり方当事者して選択肢に入れたらどうかな』みたいなアドバイスの仕方を求めるのは、ナナさんには無理ですね。
答えを教えるより、考えさせる&考える力を養う方が、当事者の為。
それが障害者支援ではありませんかね。
 
 
》記事一覧表示

新着順:4/59 《前のページ | 次のページ》
/59